怪我をしてしまった時

脱毛が完了する前に怪我をして傷が出来てしまった場合も、扱いや考え方は日焼けの対処法と同じです。炎症があるところには、光もレーザーも照射できません。傷口はふさがりかさぶたになっていても、その部分だけに光やレーザーが反応すると、やけどをするリスクが高くなります。

治りかけの場合でも、念のため少し日にちをずらした方が安心です。判断できない場合は、予約日に行って傷を見せて判断してもらう事もできますが、キャンセルとなる可能性は高いでしょう。

色素沈着があると難しいですが、傷が小さい場合は、その部分にだけ保護テープを貼って施術をしてくれる場合もあります。これは怪我以外にも、施術前のシェービングで傷がついてしまったという事もあるので、傷が小さい場合は対処してくれるサロンもあります。ただし対処法や施術の判断については、サロンによる違いもあります。

ホクロについても、大きさによりますが、小さくて保護テープで対応できる場合は、施術可能です。やむを得ず怪我をしてしまった場合は、予約を優先するのではなく、安全性を重視します。これはエステサロンやクリニックでも同じです。もちろん自己処理の時も傷がある間はやめておきましょう。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

Writen by 管理者