日焼けをしてしまった時

季節によっては急に晴れてきて、日焼けをしてしまう事があります。日焼け止めを塗っているから大丈夫と思っていても、1日中外にいて、汗をかいてタオルで顔を拭くと、日焼け止めも落ちてしまいます。日焼け止めは数値により持続時間も変わってきますが、1日外で過ごす時や、汗をかくときはこまめに塗り直す事が大切です。

もしもうっかり日焼けをしてしまい、肌が黒くなってしまうと、脱毛はできません。自己処理でシェーバーや毛抜きを使って脱毛する事もできますが、日焼けは軽いやけどと同じですから、肌へのダメージを考えたら、自己処理でも脱毛はNGとした方がいいでしょう。

紫外線を浴びるとメラニン色素も増えますが、肌が乾燥しやすくなります。乾燥した肌は、肌のバリア機能が低下してくるので、ここに刺激を与えたら肌トラブルを起こしてしまいます。うっかり日焼けをしてしまった場合は、施術ができませんので、早めに一旦予約をキャンセルして、肌の色が落ち着く頃に予約を取り直しましょう。

今はキャンセル料を取らないところも増えていますが、毛周期に合わせて予約を取っている時は、スケジュールがずれてしまいます。多少ならずれても問題ありませんが、期間が決まっているプランの場合は期間内に終わりません。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

Writen by 管理者